施工中ブログ

着工中ブログ

豊川市 Y・Y様邸 屋根、外壁工事進行中!

無事に上棟も終わり現在屋根工事、外壁工事が進行中です。

 

屋根の防水はアスファルトルーフィングです。

 

屋根の仕上げ材はガルバリウム鋼板 クリップパネルを採用しました。

 

仕上がるとこんな感じ。

 

斜めについている部材が火打ち梁です。

 

柱と筋交いに筋交い金物を、柱と床にかど金物をつけていきます。

こちらはホールダウン金物です。

 

梁や桁の継ぎ手部分には短ざく金物。

 

外壁は透湿防水シートが張られました。次は外壁の仕上げと内部造作です。

2016年06月30日 | 

豊橋市N様邸 無添加住宅 天然石の屋根『クールーフ工法』

現在屋根工事が進んでおります。無添加住宅では『クールーフ』とよばれる天然石の屋根を使用しています。施工方法もあわせて紹介させていただきます。

 

まずは屋根の防水にアスファルトルーフィングを施工します。ルーフィングの立ち上がりは30センチ以上必要です。

 

重ね部分は10センチ。たてに水切りをつけていきます。

  

次に瓦残となる材料を打ちつけていきます。

 

屋根材となる石板を並べていきます。

 

無添加住宅では断熱材として炭化コルクを使用します。ポルトガルで生産され、コルク樫という木の皮を蒸し焼きにして形成されてます。

断熱性・調湿性・遮音性に優れ、防虫効果もあり、防水効果・防火性も兼ね備えてます。

  

水下から順番に施工していきます。クールーフは和瓦と比較して約30%軽く、小屋裏がある場合のカラーベスト屋根と比較して屋根の表面温度に最大8.3℃の差がでることが実験で確認されています。

仕上がるとヨーロッパを思わせる屋根になりました。

2016年06月28日 | 

豊川市 S様邸 クロスの下地処理!

大工さんの木工事もひと段落。次の工程はクロス工事です。

 

石膏ボードの継ぎ目とビスの部分にパテをかっていきます。天井と壁の部分です。

 

 

階段下の収納部分、普段目につかない部分もしっかりと施工されてます。2階の勾配天井部分。天井は壁より作業が大変です。

次回はクロスの仕上げの写真を載せたいとおもいます。

 

 

 

2016年06月27日 | 

小坂井町Y・Y様邸 地鎮祭~祝 上棟!

5月吉日、地鎮祭を行いました。天気が良く、風が強い日でしたが、地の神様に工事の無事を祈願しました。

今回は外周部のブロック積みの工事からです。建物が建ってからだと材料の搬入や作業が大変なんです。

丁張りを行い基礎工事スタートです。

防湿シートを敷いて基礎の配筋を行います。

鎮物を地面にいれます。設備の配管も一緒に。

鉄筋の間隔、継ぎ手長さ、かぶり厚状況です。

@200で施工されてます。全景はこんな感じ。綺麗に背筋出来てます。

ベース部分のコンクリート打設。その後立ち上がりの型枠を設置です。

型枠の中をのぞいてみるとアンカーボルトがセットされてます。人通口部分はコンクリートを打たないように型枠がセットされてます。

立ち上がりのコンクリート打設。

型枠をばらすとこんな感じです。綺麗に仕上がってます。

いよいよ上棟日です。お酒と洗米で四方を清め、工事の無事を祈願します。

今回のY様邸は平屋なのでペースが速いです。屋根からのタルキの写真。

野地合板も施工できました。

継ぎ手の金物もしっかりついてます。屋根は片流れです。

一日で無事に上棟が出来ました。曇りでしたが気温は高く皆さん汗をかきながら建て方作業してました。

大工さん、監督さんお疲れ様でした。お施主様、おめでとうございます。

 

 

 

 

 

2016年06月19日 | 

豊橋市N様邸 無添加住宅 祝上棟!

無添加住宅は基礎パッキンが違います。天然石の石パッキンを使用、燃えない、腐食しない、耐久性も半永久!

桧土台には柿渋を塗布。防腐・防虫・防かび効果があります。

上棟の朝です。作業前に塩とお酒でお清めをして工事の無事を祈願します。

建て方開始です。

建物の面積が大きいので、材料の数がかなり多いです。建て方は2日にわけて行われました。

だいぶ建物の形ができてきました。軒先のタルキの施工状況です。

野地合板を貼るとだいぶ屋根の形にみえてきます。

野地完成!

いよいよ餅投げ開始です。

大勢の方に来ていただき餅とお菓子をたくさん拾ってもらいました。

無事に上棟出来ました。大工さん、監督さん、お施主様みなさんお疲れ様でした。

 

2016年06月11日 | 

豊橋市 無添加住宅N様邸 基礎完成!

基礎工事着工です。丁張りをして建物の位置だし。捨てコンクリート打設。

防湿シートを敷きます。

外周の立ち上がりの型枠設置。

ベースの配筋状況。ピッチ、継ぎ手長さ、かぶり問題なし!

ベース、立ち上がり配筋状況。

ベースコンクリート打設状況。

ベース打設後立ち上がりの型枠設置。

脱枠後、基礎高さ、ボルト長さ問題なし!

基礎が出来、型を外すととてもきれいです。

いよいよ上棟へ。

 

2016年06月03日 | 

豊川市S様邸 外壁工事、内部造作工事!

前回の更新から時間がたってしまいましたが、、

現在外壁工事が終わり、大工さんが内部の造作工事を頑張ってます。

外壁は意匠性の高いサイディングを使用しました。軒下まで綺麗に張れてます。

天井の下地が組まれてます。今回化粧梁や勾配天井があるので、見た目がかっこいいいです。

大工さんは、かなり大変だったとおもいますが。

プラスターボードを貼るとこんな感じに。段々壁になってきました。2階の勾配天井部分です。

壁の下地です。踊り場スペースの写真ですが、下地が余分にいれてあります。階段手すりの下地です。

飾棚です。桧の柱も化粧でみえてます。壁にしてしまうと圧迫間がでてしまうところを、目隠し程度のスリットにすることで部屋全体が広く感じられるようになりました。

2016年06月03日 | 

ページの先頭に戻る