施工中ブログ

着工中ブログ

豊橋市N様邸 完成!

 

外観は、外壁漆喰塗り、屋根は、天然石のクールーフが葺かれています。

ガレージのシャッターも木製のシャッターです。

玄関ポーチの床は、屋根と同じクールーフ貼。

玄関廻りの壁は、錆バラ石が外観にアクセントをもたらしています。

玄関の扉も厚さ70mmの天然木の玄関扉です。

玄関脇の壁には、貝殻の化石も入っているコーラルストーンが貼られており、間接照明が壁面を照らしています。

玄関を入って左手のシューズクロークには、ガレージからの扉が…

ガレージのシャッターは、木製の電動オーバースライダーです。

通常のシャッターと比べると格段に開閉スピードが違います。

 

玄関正面には、坪庭のスペースが…

 

1階の洗面とトイレになります。トイレの壁には、ペーパーホルダー用の丸い孔が見えます。

奥には、シャワールームも…

メインの2階へ続く階段です。階段脇の飾り棚が見えます。

 

2階へ上がるとLDKになります。

リビングとダイニングキッチンをスキップフロアとし空間に変化をもたらせています。

筋違いは、表しになっていてLDKをより広く、明るく感じさせてくれています。

格子の向うがご主人の書斎スペースです。

 

天然石カウンターの造作キッチンです。キッチン奥には、パントリーがあります。

2階の洗面とお風呂です。

洗面化粧台は、造作の洗面化粧台で、カウンターには、50角と25角のモザイクタイルが貼り分けられています。

 

こちらは、主寝室とWICになります。

動線としては、手前にWIC、その奥に寝室を配置。

お施主様の「寝室には、汚れを少しでも持ち込みたくない」という要望から、このような形になりました。

 

子供部屋とそのロフトになります。

こちらの階段は、小屋裏に上がる階段でストリップ階段の形状になっており、リビングから視覚的にも見せる階段になっています。

この階段を登ったところが、ご主人の書斎スペースです。

空間的には、LDKと一緒の空間で、家族の気配が分るように計画してあります。

2016年12月04日 | 

豊橋市N様邸 無添加住宅 内部仕上工事

玄関を入ると正面に光庭が右手に飾り棚があり、その壁のコーラルストーンも貼り終わっています。

1階のホールから2階のリビングへ上がる階段を見上げています。

もう、壁の漆喰塗りも完了しています。

手前側のリビングから奥のダイニングキッチンを見ています。

リビングの方がダイニングより階段2段分下がったスキップフロアになっており、リビングの開放感がよりアップしています。

工事の方は、ダイニングキッチンの床のテラコッタ調のタイルやキッチン腰壁のコーラルストーンも貼り終っています。

あとは、キッチンの天然石の天板を取り付け、機器類を設置したらキッチンも完成です。

リビングの飾り棚と化粧格子のブラウンと漆喰のホワイトが明るい雰囲気の部屋に仕上がっています。

リビングの飾り棚裏の小屋裏収納に上がって行く階段です。

ストリップ階段なのでケ込み板が無く、光を遮りません。

2階の洗面化粧台です。

床のタイルも貼り終わり、これから水栓金具や鏡を取り付けていく段階です。

子供室のロフト手摺も取り付け完了です。

写真左手のロフトの奥に見える開口は、小屋裏収納へ繋がります。

設計時には無かったけど、建て方完了後のお施主様とスイッチやコンセントの位置確認の打ち合わせ時に

「ロフトから小屋裏収納へ行けそうだね♪」

という何気ない一言から生まれました。

外部の方も外構工事が始まりました。

2016年10月16日 | 

豊橋市N様邸 無添加住宅 内部造作中!

外部漆喰が終わり、外部足場が外されました。

 

漆喰とクールーフの組み合わせ。まさに無添加住宅です。無添加住宅では鼻隠しの納まりがめずらしいと思います。

 

正面からみると雨樋が見えません。鼻隠しの板が二重になってます。

  

洗面脱衣室には製作で可動棚や飾り棚が取り付けられてます。無垢の雰囲気が良いですね!

 

勾配天井部分もボードが張られ、天井には漆喰が塗られてます。化粧梁は漆喰で汚れないようにしっかり養生してあります。

 

キッチン組み立て中。リビング階段が取り付けられました。筋交いや梁が化粧で表しになってます。

 

塗装をして踏み板をつけました。

 

階段の側面には壁一面の飾り棚を製作!

 

2016年09月19日 | 

外壁は無添加漆喰!!

 

炭化コルク貼りが終わりました。炭化コルクは断熱性・調湿性・遮音性に優れ、防虫効果、防水・防火効果もあります。

 

漆喰が届きました!外壁・内壁漆喰を塗るので量がすごいです。玄関まわりは錆バラ石を貼るので、モルタルで下地作りです。

 

炭化コルクの上に漆喰を塗っていきます。漆喰は2回に分けて下塗りと仕上げがあります。1回目はモルタル漆喰、仕上げは漆喰。サッシまわりのクラックが入りやすい個所は『トリネオ』と言うメッシュをいれて補強します。

 

外観です。足場がかかっているので見ずらいですが、漆喰が綺麗です。

玄関部分の錆バラ石貼り。花崗岩で硬質、耐久性に優れてます。

2016年09月03日 | 

無添加住宅 N様邸 進行中!

暑い日が続いておりますが、現場の職人さんも頑張って工事を進めています。

 

外壁は炭化コルクを貼りました。仕上げは漆喰を塗ります。玄関ドアもついてます。

 

内部造作工事は無垢のフローリングを貼ってます。今回は無添加住宅のインドネシア松を使用してます。無垢は湿度によって伸縮があるので、写真にあるようにスぺーサーをいれて施工します。材料間に少し遊び(隙間)がないと膨張したときにぶつかりあってしまいます。

 

天井には漆喰を塗るのでその下地にラスボードを使用。 勾配天井部分には化粧梁が見えてます。

 

外壁部分の壁には断熱材、下地補強で構造用合板をいれてます。

 

キッチンの床はタイル仕上げのため下地にケイカル板を使用。一部床暖房もはいります。

 

2016年08月06日 | 

豊橋市N様邸 外壁下地工事進行中!

梅雨はまだ明けてませんが、暑い日が続いております。現場の職人さんも熱中症に気をつけながら着々と作業してます。

外部サッシが取り付けられました。

外部からの納まり。

今回は無添加住宅なので、外壁の防水シートが漆喰(しっくい)に対応してます。

 

壁は漆喰の下地でバラ板とよばれるスギの板を施工。内部の木工事は天井下地を施工中です。

設備配管や電気の配線はきれいにまとめられてます。

 

2016年07月16日 | 

豊橋市N様邸 無添加住宅 天然石の屋根『クールーフ工法』

現在屋根工事が進んでおります。無添加住宅では『クールーフ』とよばれる天然石の屋根を使用しています。施工方法もあわせて紹介させていただきます。

 

まずは屋根の防水にアスファルトルーフィングを施工します。ルーフィングの立ち上がりは30センチ以上必要です。

 

重ね部分は10センチ。たてに水切りをつけていきます。

  

次に瓦残となる材料を打ちつけていきます。

 

屋根材となる石板を並べていきます。

 

無添加住宅では断熱材として炭化コルクを使用します。ポルトガルで生産され、コルク樫という木の皮を蒸し焼きにして形成されてます。

断熱性・調湿性・遮音性に優れ、防虫効果もあり、防水効果・防火性も兼ね備えてます。

  

水下から順番に施工していきます。クールーフは和瓦と比較して約30%軽く、小屋裏がある場合のカラーベスト屋根と比較して屋根の表面温度に最大8.3℃の差がでることが実験で確認されています。

仕上がるとヨーロッパを思わせる屋根になりました。

2016年06月28日 | 

豊橋市N様邸 無添加住宅 祝上棟!

無添加住宅は基礎パッキンが違います。天然石の石パッキンを使用、燃えない、腐食しない、耐久性も半永久!

桧土台には柿渋を塗布。防腐・防虫・防かび効果があります。

上棟の朝です。作業前に塩とお酒でお清めをして工事の無事を祈願します。

建て方開始です。

建物の面積が大きいので、材料の数がかなり多いです。建て方は2日にわけて行われました。

だいぶ建物の形ができてきました。軒先のタルキの施工状況です。

野地合板を貼るとだいぶ屋根の形にみえてきます。

野地完成!

いよいよ餅投げ開始です。

大勢の方に来ていただき餅とお菓子をたくさん拾ってもらいました。

無事に上棟出来ました。大工さん、監督さん、お施主様みなさんお疲れ様でした。

 

2016年06月11日 | 

豊橋市 無添加住宅N様邸 基礎完成!

基礎工事着工です。丁張りをして建物の位置だし。捨てコンクリート打設。

防湿シートを敷きます。

外周の立ち上がりの型枠設置。

ベースの配筋状況。ピッチ、継ぎ手長さ、かぶり問題なし!

ベース、立ち上がり配筋状況。

ベースコンクリート打設状況。

ベース打設後立ち上がりの型枠設置。

脱枠後、基礎高さ、ボルト長さ問題なし!

基礎が出来、型を外すととてもきれいです。

いよいよ上棟へ。

 

2016年06月03日 | 

豊橋市N様邸 『無添加住宅』工事着工! 地鎮祭

豊橋市にて無添加住宅の工事がスタートしました。

天候にも恵まれて絶好の地鎮祭日和です。

お施主様、弊社各担当が出席して工事の無事を祈願しました。

2016年04月02日 | 

ページの先頭に戻る